見学・相談会のお申し込みはこちら

【toiro】猫に学ぶ発達障がい9・自分の大切なことを知っている

猫はどれくらい、私たち人間のことを理解しているのでしょうか。
人間における3歳くらいの知能を持っているという意見もあります。それにしては、こっちの都合をまったく無視してくれることも多いのですが……そうした様子を見ていると、ふと考えることがあります。

「発達障がい当事者であるところの私も、周りから見たら、こんなふうなのかな?」と。

確かに猫は、人間の都合を忘れてしまうこともたくさんあります。その一方で「猫にとって大切なこと」は、ちゃんと覚えていて、あきらめず実践しつづけているのです。

 

実例をお話ししましょう。
我が家の猫は最近、新しい寝床を開拓しました。その名も「キッチンワゴンの隙間」です!

気がつけば、予備のふきんや袋入りラーメンの傍で、丸くなって寝息を立てる猫の姿。かごで爪をとぎ、洗いたてのふきんに抜け毛を散らかし、しまいにはラーメンの外袋をかじり始める始末。いくらどけても、いつのまにかもぐり込んでいる有様です。

2週間が経ったころには、キッチンワゴンから食べ物の類は撤去され、代わりに猫用のタオルが持ち込まれることとなりました。

 

私からするとこう考えます……「冷蔵庫の上にも椅子の上にも、寝床用のかごがある。机の上にはふわふわの猫用ベッドもある。これ以上いったい何が必要だって言うんだい?」

しかし猫には猫の言い分があるわけです……「寝床はいくらあってもいいよね、寝たいときに寝られるもの」という具合に。そして猫にとって、気持ちよく眠ることは、とても大切なことなのです。

 

私たち発達障がい当事者は、猫と同じというわけにはいきません。人間ですから、自分の大切なことについて、皆に説明する必要がしばしば出てきます。

私たちの大切なことは、ときに多くの人にとって「ささいなこと」かもしれません。それでも、どうしても譲れないことであれば、伝え続けてみる価値はあるでしょう。時間をかけて、丁寧に。

私たちは単に「自分の大切なことを知っている」のです。皆の都合を理解していないために、こだわりを主張しているのとは違うわけですからね。

 

+++++++++++++++++++

コラムtoiroは、発達障がいやコミュニケーションに苦手さを感じているご本人、学生さん、お子さんを応援するコラム。名前は、十人十色からつけました。
読者の方にとって、少しでも役に立つヒントになればうれしく思っています。
不定期ですが、ちょっとずつ更新していきます。

この記事を書いた人
須藤真理子(Suto Mariko)

発達障がい当事者。地方都市でピアサポートグループの活動を行っています。
当事者の視点から、自分で試してみた情報の共有や周知活動に参加しています。
主な内容は「食生活と発達障がいの関係」「実際に役立った・便利だった二次障がい対処法」「日常生活での気づき」など。
好きなことは、絵を描くこと・物語を書くこと。
「二次障がいでつらいとき、ものづくりにエネルギーを使う」のは、かなり実用的な対処方法だとお伝えしたい次第。