見学・相談会のお申し込みはこちら

【toiro】「こだわり」は、自分にとっての「最優先事項」

今日は子どもの日。ジョブジョイントおおさかも休日です。
皆さんはいかがお過ごしですか?

ぼくの最近の外出は、近所のスーパーと散歩ぐらい。
ステイホームな毎日を過ごしています。

 

さて、今日はこだわりについて。
発達障害のある人は、「こだわりがある」ってよく言われますね。

 

こだわりとは、自分の興味関心が「狭い範囲」で「とても強い」ということです。

・同じ行動を繰り返す
・特定のものへのこだわり(乗り物、物の収集、ゲーム、専門知識など)
・手触りや食感、特定の音など、感覚面のこだわり

などなど、個人差もありますし、こだわりは十人十色なように思います。

 

どうしてこだわりが強くなるかというと、自分にとっては興味関心のあることなので、とても大事なことだからです。
興味関心=最優先事項となるわけですね。

 

ジョブジョイントおおさかの利用者の方もよく言っておられますが、こだわりを優先しすぎることでうまくいかないこともあるようです。

例えば、他の予定(やるべきこと)を後回しにしてしまったり、対人面におけるコミュニケーションや振る舞いがうまくいかなかったりと、他のことを気にする余裕がなくなってしまうようです。

「こだわり」と「その他のこと」を、バランスよく調整することってむずかしいですね。

 

こだわりは、発達障害のある人にとってはとても大切なことです。
大切なことだからこそ、最優先したほうがいい。
じゃないと、ストレスがたまってしまいます。

 

でも、注意点もあります。
それは、周りに迷惑かけてないかを確認すること。
心配なときは、近くにいる人に聞いてみることをオススメします。

 

ぼくは、「こだわり=最優先事項」として考えていいように思います。

+++++++++++++++++++

コラムtoiroは、
発達障がいやコミュニケーションに苦手さを感じているご本人、学生さん、お子さんを応援するコラム。
名前は、十人十色からつけました。
読者の方にとって、少しでも役に立つヒントになればうれしく思っています。
不定期ですが、ちょっとずつ更新していきます

この記事を書いた人
星明

ジョブジョイントおおさかの所長。
障がいのある人の地域生活支援の仕事をして15年。就労支援に限らず、生活支援・余暇支援・お子さんの支援など、ライフステージごとの支援に携わってきた。趣味は、登山、散歩、読書。現在は、北アルプス登頂目指してマイペースにトレーニング中。