見学・相談会のお申し込みはこちら

【toiro】人生の棚卸~新しいステージへ~

いつのまにか、今年も桜の便りが届く季節になりました。
全国的に、例年になく桜の開花が早いようですね。どんな環境下においても、毎年美しい花を咲かせてくれる「桜」は、芯の強さを感じさせてくれます。今年も、例年のような花見とはいかないですが、多くの人が「桜」から元気をもらえそうな気がします。

 

3月~4月は、「別れ・旅立ち・出会い」の季節でもあります。今年が節目にあたる人たちは、きっと一日一日緊張感のある日々を送っておられることでしょう。

 

私事ですが、今春息子が社会人の仲間入りをします。今までの学生時代の進学や進級とは違い、大きな節目であることを肌で感じています。先日、自分の部屋を片付けたこともないような息子が、突然、自分の部屋の整理を始め、ついには部屋の模様替えまでやっていました。学生時代の教科書や参考書、ノート・プリント類など、処分するものがいっぱいでした。本人に理由を聞くと、「心機一転だよ」と言っていましたが、彼の中で確かに何かが切り替わったのでしょう。これはまさに「人生の棚卸」のようなものだなと感じながら見ていました。

 

「棚卸」とは、お店の決算などの際に、在庫確認をすることで、損益など現在の状況を正しく把握し、今後の方針を決めるデータを集めるという、とても重要な作業のことです。

 
それを人生に当てはめて考えてみると…

 

学生から社会人への大きな転機において、今までの自分を振り返りながら、自分がどんなことをやってきたのか、そして今の自分には何がどれくらいできるのか?自分の強みは何なのか…と、今現在の自分と向き合いながら、自分にとって必要なものと必要でないものを整理していきます。そして次の目標を立てるために、今の自分に足りないものは何か?達成するためには、あと何がどれくらい必要なのか、などを整理しながら、これからの将来に目を向けて、次のステージへの一歩を踏み出す…そんな感じでしょうか。

そう考えると、私たちは、就労を目指す利用者の皆さんの「人生の棚卸」の一部をお手伝いさせていただいているのかもしれません。自立訓練も就労移行もそれぞれ2年という有期限ではありますが、その短い期間の中で、その人の人生の大きな節目に関わらせていただいていると,いうことを、肝に銘じておきたいと思います。

 

社会全体がまだまだ大変な状況ではありますが、この春、希望を胸にそれぞれの新しいステージへと向かう皆さんに心からのエールを送ります。

 

+++++++++++++++++++

コラムtoiroは、
発達障がいやコミュニケーションに苦手さを感じているご本人、学生さん、お子さんを応援するコラム。
名前は、十人十色からつけました。
読者の方にとって、少しでも役に立つヒントになればうれしく思っています。
不定期ですが、ちょっとずつ更新していきます。

この記事を書いた人
mashimo

発達障がいのある2児の母+就労支援事業所の支援員。
2人を育てた経験を活かし、自閉症スペクトラム支援士、ペアレント・メンターとしても活躍中。
最近のプライベートでの楽しみは、子どもと一緒にクイズ番組見ながらバトルすること。子どもはかなり強敵ですが、地理だけは負けずに頑張れています。