見学・相談会のお申し込みはこちら

【toiro】花が咲くまでに考えること

みなさんは、植物を育てたことはおありでしょうか。

 

観察日記の定番アサガオ、水栽培のおともにヒヤシンス。私は小学生のころ、花が咲くのを楽しみにしていたものです。

きれいな花が咲くようにと、自分なりにいろいろ試しておりました。土を整えて、水をやり、日当たりにあわせて鉢を移動する。こまめに育てた方なら、詳しくご存じの方もいらっしゃることでしょう。

 

さて、そうして花を世話している人がいたとします。

花びらの色、花のつき方、剪定の方法……「花」のことだけ一生懸命に勉強している人がいるとしましょう。その人の花は無事咲くでしょうか?

 

お察しの通り、たぶん咲きませんよね。先にお話しした、詳しくご存じの方なら、こんなアドバイスをするかもしれません。

 

「こうしたらいい種が選べるよ」「土に栄養剤をさしてみたらどうだろう」「水はけをよくしたほうがいいんじゃないかな」……。

 

花の話をしていると、種の話、栄養の話、土の話も必要になります。最初に想像するよりも考えることが増えてきて、これ本当に必要かな? なんて考えることもあります。

 

二次障害が激しいときの私も、まさに同じようなことをやらかしたことがあります。

食事、掃除、勉強や明日の準備……日常生活のペース配分を間違えて、目の前の勉強に熱中し、結果動けないくらい疲れてしまうことも、今まで何度もありました。

 

それでも全部投げ出してしまうことがなくなったのは「花が咲くまでに考えること」を、身近な人たちから教わることができたから。毎日の生活を維持することも、目的達成のために必要なことだと、実感するようになってきたからです。

花が咲くまで世話をするように、自分の世話をすることが、少しはできるようになったのかもしれません。

 

+++++++++++++++++++

コラムtoiroは、
発達障がいやコミュニケーションに苦手さを感じているご本人、学生さん、お子さんを応援するコラム。
名前は、十人十色からつけました。
読者の方にとって、少しでも役に立つヒントになればうれしく思っています。
不定期ですが、ちょっとずつ更新していきます。

この記事を書いた人
須藤真理子(Suto Mariko)

発達障がい当事者。地方都市でピアサポートグループの活動を行っています。
当事者の視点から、自分で試してみた情報の共有や周知活動に参加しています。
主な内容は「食生活と発達障がいの関係」「実際に役立った・便利だった二次障がい対処法」「日常生活での気づき」など。
好きなことは、絵を描くこと・物語を書くこと。
「二次障がいでつらいとき、ものづくりにエネルギーを使う」のは、かなり実用的な対処方法だとお伝えしたい次第。